【ポケモンBW2最強実況者決定戦】当時の思い出を語る

漫画・映画・ゲーム

決勝トーナメント

さて、いよいよここからは決勝トーナメントである。
一回戦で印象的だったのはまず敗北時のてのりさん。
この大会に賭ける想いが溢れた場面だと思う。

そして暇士さんvs ELEZYさん。
唯一3戦目までもつれた接戦であり、かつその決着が話題を呼んだ試合でもある。
全試合とも見応えがあってとても面白かった。
ELEZYさんに関しては、6世代のラスフェスでも話題を呼ぶところがあり本人も気にしていた様子だったが、ポケモンはそもそも運の要素が十分に高いゲーなので、「運が良い時もあれば悪い時もある」くらいのスタンスで良い気がする。

また、決勝トーナメントでも一貫して@しいなさんの圧倒的なメタの貼り方が印象的だった。
ただ、決勝戦ではそれがハマらず2連敗で終わるのも印象に残る結末ではあった。

決勝トーナメントを最後まで盛り上げた立役者の一人はタイティさんだろう。
カントー縛りで高レート、サワムラーやモンジャラなどわかりやすいマスコット(?)に加えてタイティさん本人の面白さや実力、そして運をも味方につけて勝ち上がってきたこともあり、
“勝っても負けても面白い”“今度はどんな勝負をするんだ”と注目を集めていた。

本人は「カントー以外のポケモンを持ってないから、カントー統一にしているのは縛りでもなんでもない」と語っているが、それでもカントー統一でベスト4にまで勝ち上がったのは偉業というほかない。

今大会一番のハイライトはパルシェンの3タテと、サワムラーのやけど引き&エッジ外しだろう。決勝トーナメントのメンバーの中では特にタイティさんを応援していたのだが、サワムラーの最後の場面では爆笑してしまった。本当に色々と“持ってる”人だと思う。

3位の ELEZYさんは“みがわり大好きみがわり魔神”として、最後まで自分の戦い方を貫き通したと思う。
私個人的には、この人の影響で“みがわり戦術”に傾倒するようになり、その後毎世代ごとにみがわりを軸としてランクバトルで戦うようになったので、思い入れは大きい。

そもそも ELEZYさんの普段の投稿動画である「最強のNPCを探す」なども見ていたし、
もっと言うと今大会参加していた多くの実況者の方の投稿動画はある程度網羅していた。
犬神さんや暇士さん、タイティさんや ELEZYさん、ソウル体さんやトスタポンテさん辺りは全動画を視聴していると思う。
故に、今大会は思い入れなども相まって本当に楽しめた。

最後に、優勝したYouTaroさん。
パートナーズはおそらく全参加者の中でも1、2を争うメジャーポケモンで構成されている。
YouTaroさんのおかげでパートナーズルールにおいて、癖がなくメジャーなポケモンで固めることの強さを思い知ったし、
それを参加前の時点である程度イメージしてメジャーポケで固めたのだとしたらその考察力には感嘆せざるを得ない。まさしく勝つべくして勝った。

性能の尖ったマイナーポケモンはつまるところ、
“汎用的な構築でレートに潜って色々な相手と戦ってる中で、不意に訪れるマイナーポケモン”だからこそ対策が追いつかず、本領を発揮するのであり、
事前に「使いますよ」と宣言するパートナーズルールでは奇襲性が失われ、本来のスペックの低さだけがただただ際立つ形となってしまう。

メジャーポケモンと比べて出来ることが少ない・出来ることが怖く無いからこそ、マイナーポケモンなのであり、
事前に対策が可能なルールでは対策が間に合ってしまう。

マイナーをパートナーズに入れている側も「対策されているかもしれない。もしそうだとすると、パーティの貴重なひと枠を潰してしまう恐れがある」と考え、
結局6枠の中には入れることが出来ない。

6世代のラスフェスでも ELEZYさんが話していたことと被るところが多いが、
つまり“パートナーズはある程度ガチポケモンで固め、自由枠にマイナー気味のポケモンを投入…”というのが、マイナーポケモンが最もその力を発揮できる使い方な気はした。

…そんなわけで、BW2最強実況者決定戦についてつらつらと語った。
全視点の動画を見ている人はそう多く無いと思うので、
気になる方は気になる対戦を今からでも見てみることをおすすめする

ではまた。

コメント

  1. MaryjoK より:

    I like this blog very much, Its a rattling nice berth to read and get information.Blog monetyze

タイトルとURLをコピーしました