【逃げ上手の若君】北条時行について【邦時?巫女?】

漫画・映画・ゲーム

みなさんこんにちはこんばんは。
今回は「逃げ上手の若君」に登場する、北条時行というキャラクターについて。

はい、今回の記事も、ストーリーの詳細な内容や画像についてはネタバレになり得る上、著作権違反に該当する可能性も出てくるため触れることはできませんので伏せます。

「逃げ上手の若君」を既に読んだ方には伝わる形で、まだ読んでいない方にも魅力が伝わるような記事を目指しています。

万が一、権利上気になるところがある、と権利者様からのご指摘がありましたら速やかに誠意を持って対応をさせていただきます。権利者様、出版社様は大変お手数ですが「ページ下部のコメント欄」や「ページ上部のお問い合わせフォーム」からご連絡ください。
せっかく面白い作品ですから、みんなも“買って”読みましょう(重要)

北条時行とは

勇敢な討ち死に

潔い自害

戦いと死こそが武士の名誉

そんな時代に少年は

逃げることで英雄となり

生きることで伝説となった

北条時行とは、鎌倉幕府総帥・北条高時の息子。幕府の後継者候補と目されていた人物でもある。

逃げること」と「隠れること」に関してひいでる一方で、
文武には関心がない様子。

これに関しては、「自分がお飾り」であることを自覚し、また尊氏のような全てに秀でる侍に幕府の安寧を託しているからこそ、と描写されている。

なお、武力こそないが、父親が弓競技を見るのが好きな関係上、弓はそこそこやらされていたためにそれなりに上手い。

貞宗との犬追物では、「逃げながらの弓術」パルティアンショットを体得した。

また、吹雪からの教えで「逃げながらの剣術」鬼心仏刀を体得。

酒に弱く、数滴の酒を浴びただけで酩酊、戦場で命を落とそうと息巻く保科に対し、酔拳ならぬ「酔尻」を見舞った。吹雪曰く、「逃げるための筋肉を使った必殺技」。

逃げ上手の英雄へ

時行の兄である邦時による話では、時行の逃げ上手の才は父の高時や邦時よりも格上であり、
何か条件が整えば英雄になれる、とのこと。

そんな時行は、保科党を生き延びさせる戦いの中で、「死にたがりの武士を生きたがりに変える」ことを目標にする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました