【逃げ上手の若君】雫について【諏訪頼重?巫女?】

漫画・映画・ゲーム

みなさんこんにちはこんばんは。
今回は「逃げ上手の若君」に登場する、諏訪頼重の娘、雫というキャラクターについて。

はい、今回の記事も、ストーリーの詳細な内容や画像についてはネタバレになり得る上、著作権違反に該当する可能性も出てくるため触れることはできませんので伏せます。

「逃げ上手の若君」を既に読んだ方には伝わる形で、まだ読んでいない方にも魅力が伝わるような記事を目指しています。

万が一、権利上気になるところがある、と権利者様からのご指摘がありましたら速やかに誠意を持って対応をさせていただきます。権利者様、出版社様は大変お手数ですが「ページ下部のコメント欄」や「ページ上部のお問い合わせフォーム」からご連絡ください。
せっかく面白い作品ですから、みんなも“買って”読みましょう(重要)

雫について

雫とは、「逃げ上手の若君」に登場する巫女風の人物。
頼重からは「秘術や事務に優れる」と評されており、
参謀として時行達をサポートする役割を担う。

基本的には丁寧な立ち振る舞いをするが、頼重に対しては非常にストレートな物言いをぶつける。

辛辣な表現をするたびに、時行や頼重から突っ込まれている。

頼重同様、神力をその身に宿しており、その力で神的な事を起こしたり、常人には見えない神獣を見ることもできる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました