【逃げ上手の若君】狐次郎について【諏訪頼重?亜也子?】

逃げ上手の若君

みなさんこんにちはこんばんは。
今回は「逃げ上手の若君」に登場する、狐次郎というキャラクターについて。
はい、今回の記事も、ストーリーの詳細な内容や画像についてはネタバレになり得る上、著作権違反に該当する可能性も出てくるため触れることはできませんので伏せます。

「逃げ上手の若君」を既に読んだ方には伝わる形で、まだ読んでいない方にも魅力が伝わるような記事を目指しています。

万が一、権利上気になるところがある、と権利者様からのご指摘がありましたら速やかに誠意を持って対応をさせていただきます。権利者様、出版社様は大変お手数ですが「ページ下部のコメント欄」や「ページ上部のお問い合わせフォーム」からご連絡ください。
せっかく面白い作品ですから、みんなも“買って”読みましょう(重要)

狐次郎とは

頼重が連れている少年。

同世代の随一の刀の使い手であり、いずれは軍を任せる武将と目されている。

時行からは「自分よりはるかに強い」「だが大人の武士に対しては奇襲でもしないと勝ち目が薄い」という評価を受けており、

物語序盤時点では少年と大人の中間程度の強さと思われる。

時行の「逃げるのが好き」という性格に対し、
武士としては異端であるものの、そんな彼に仕えることを面白く感じている。

戦闘時は亜也子とスムーズな連携が可能な点も特徴の一つ。
声かけ一つで亜也子と役割を分担し、互いを邪魔することなく行動をすることができている。

戦場を駆け回って献身的に戦い、自ら進んで味方と交わり世話を焼く。

その姿を見た吹雪からは「立派な逃若党の副将」と評されている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました