【逃げ上手の若君】足利高氏(尊氏)について【シックス?史実?】

漫画・映画・ゲーム

みなさんこんにちはこんばんは。
今回は「逃げ上手の若君」に登場する、足利高氏というキャラクターについて。

ストーリーの詳細な内容や画像についてはネタバレになり得る上、著作権違反に該当する可能性も出てくるため触れることはできませんので伏せます。

「逃げ上手の若君」を既に読んだ方には伝わる形で、まだ読んでいない方にも魅力が伝わるような記事を目指しています。

万が一、権利上気になるところがある、と権利者様からのご指摘がありましたら速やかに誠意を持って対応をさせていただきます。権利者様、出版社様は大変お手数ですが「ページ下部のコメント欄」や「ページ上部のお問い合わせフォーム」からご連絡ください。
せっかく面白い作品ですから、みんなも“買って”読みましょう(重要)

また、史実についても触れません。ご了承ください。

作品内における「足利高氏」の概要

人物

鎌倉幕府の若き守護神」として多くの人望を集めていたキャラクター。
武勇・教養・家柄など、全てを備えた圧倒的な侍として名を馳せている。

南北朝時代の絶対的な主人公。

神速の謀反」により全国政権を滅ぼし、
主人公である時行の人生に大きな影響を与えた。

時行が戦い続けていくことになる、「生涯の宿敵」を思わせるキャラクター造形であり、本作のラスボスと言える存在。

鎌倉には高氏に匹敵する侍は居ない、と評されるほどその実力は信頼されており、優秀な能力を持つ人物。

登場当初こそ時行に対してにこやかに接するシーンが描かれていたが、
謀反を起こしてからは徐々に常軌を逸した描写が見られるようになっていった。

頼重や雫同様その身に神力を宿しており、それを他人に注入することで能力や人格を暴走させることが可能。

圧倒的な武力とカリスマ性

特筆すべきは圧倒的な武力とカリスマ性。

複数人を相手に、余裕を持って制圧できるだけの“個”の強さを持っており、

あまりの強さから頼重に「暗殺不能」とさえ言わしめている。

さらに恐るべきは、その求心力

多くの相手の心を巧みに掌握し、自分の勢力を拡大する術に長けている。

敵勢力をも取り込むほどの異常なカリスマ性は、尊氏の大きな武器と言える。

コメント

タイトルとURLをコピーしました